Hachiのご利用について

1日1回、1~2時間の充電が必要です。
夕食時など、決まった時間に充電する習慣がつくと安心です。

ファミリー共有では「心拍数」「心拍変動」「歩数」「位置情報」「安静時の高/低心拍通知」を閲覧できますが、情報がリアルタイムではないこと、そして閲覧できるのはファミリー共有をしているご家族1名のみです。
Hachiであれば複数人でみまもることができるほか、1分~10分(設定変更可能)ごとの先述の情報閲覧に加え「SOSの発信」「お出かけ通知」の機能もご利用いただけます。

Hachiのデータの送信頻度は1分・5分・10分から選択できます。
1回のデータ送信あたり100バイト発生しますので、例えば10分ごとの送信頻度の場合一日に144回データを送信するため14.4キロバイト(単純計算で一か月で432キロバイト)データ通信量が発生します。
SOSを発信した場合にも、1回あたり100バイト発生いたします。

ビデオ通話のデータ通信量の目安は、30分~1時間で1GBです。
※ 環境によってはもっと短い時間で1GBを消費してしまう可能性があります。あくまで目安です。

Hachiでは位置情報をGoogleマップより取得しておりますので、みまもられる方の住所が海外でもご利用いただけます。
また、おでかけ通知機能のオン・オフの切り替えは専用フォームにていつでも簡単に変更手続きが可能でございます。

▼変更フォーム
https://aptechnology.co.jp/henkou/

Hachi画面を常時表示しておかなくても、Hachiはデータの取得・送信を続けています。

ですので、常にHachi画面を表示しておく必要はありませんが、Hachiの起動確認のためにも充電のたびに一度は表示していただくことをおすすめいたします。時計画面にHachiを設定することで、簡単に表示できるようになります。

▼Hachiを時計画面に設定する方法とイメージについてはこちらをご覧ください。
https://aptechnology.co.jp/setting/#mojiban

また、水色のHachi画面に5秒指を置くことにより簡単にSOS発信をすることができますので、表示する方法を覚えていただくことをおすすめいたします。

▼SOS発信のイメージ動画
https://youtu.be/lK8NTux3kKk